So-net無料ブログ作成
検索選択

尖閣諸島 国有化 海外の反応 [ニュース]

スポンサーリンク




尖閣諸島 国有化 海外の反応

国有化した尖閣諸島

せ1.gif


日本政府が20億5千万円沖縄県、尖閣諸島国有化を決め、
地権者と正式な合意を交わしましたね。しかし、なぜ、20億5千万円という
金額なのかというと、これは、東京都が集めた寄付金14億7千万円と
大きく差が出るような20億円5千万円という数字を提示して、
都の金額と大きく差別化をはかったというのが真相のようです。


さてさて尖閣諸島を国有化しましたが海外の反応は いったいどのようなものでしょうか?

この記事では、尖閣諸島の国有化について
海外の反応などをいろいろまとめてみたいと思います。


そもそも、なぜ、ここまで早急に政府は、尖閣諸島の国有化を東京都よりも
購入を急いだかというと、平たく言うと、東京都の石原都知事
買われてしまっては、尖閣諸島に勝手に船だまりや灯台、電波野中継基地などの
構造物を建設し、日本による実効支配を確実にしようとしていたのを
阻止しようとしてのことであると言われています。

石原都知事 画像

せんかくしょとう2.gif


石原都知事としては、 東シナ海で他の国との領土問題で、
実効支配を強めている中国から、先に手を打って、
日本が実効支配を強める目的があっての、都の購入であったのですが、
それだと、中国との関係がもつれ、「平穏かつ安定的な維持管理ができなくなる」
という野田首相の言葉の通り、そうした行為を東京都によって行わせないように、
寄付金よりも、大きな金額を提示して、先に国が尖閣諸島を購入したと
言われています。


一見すると外務的な目的のために聞こえますが、しかし、日本側が
実効支配を強めない事には、中国はますます領土権を主張し、
世界からは、中国の言う事が正しいという風に見られてしまい、
日本は大きく後れをとってしまいます。


さらには、中国側は、「1上陸しない2調査をしない3開発をしない」という要求を
日本側にしていたそうなのですが、意思表示はしなかったものの、日本政府は、
暗黙のうちにこれに従ってしまったかたちになりましたね。


また、今回の尖閣諸島の国有化に関して、中国で一連の強硬作を指導しているのは、
胡錦濤国家主席ではなくて、次期総書記に内定している習近平国家副主席である
こともわかってきました。

習近平国家副主席 画像

せんかくしょとう1.gif


胡錦濤国家主席による、対日協調路線が、
中国の国益を損なったとして、今回のような強硬路線に変更されたそうですが、
当初は、尖閣諸島の問題も穏便すませるはずだったものの、韓国の李明博大統領の
竹島上陸や日本での中国批判に、党内か ら、
現政権の弱腰な外交に強い批判が上がり、
保守派らが、「国有化断固反対」との声をあげたとのことです。


李明博大統領 画像

せんかくしょとう3.gif


こうした事の背景には、強いリーダー像や、軍・党内の基礎基盤を固めるねらいも
あるようで、中国もただ単に領土問題にかこつけて、騒いでいるわけではなく、
もっと深い党内での考えというものがあるようです。

こういう事をよく考えて、日本も尖閣諸島については、しっかりとした判断を
していかなければいけないですね。


さてさて尖閣諸島の国有化に関して、海外の反応は、


アメリカ国防長官のレオン・パネッタは

「日米安保条約の範囲に尖閣諸島も含まれる」
という認識を示した後表面上は対北朝鮮としているようですが、
ミサイル防衛(MD)用高性能レーダー基地の追加設置を行う事を決定した。

アメリカは、中国をけん制しつつも
「アメリカは尖閣諸島の国有化に関して特定の立場を取らない」
ということで中国政府にも配慮を見せているようです。



次に尖閣諸島の国有化に関して、海外の反応(韓国)は、
尖閣問題や竹島問題が中国、韓国で日本に対する
反発を招いている情勢を「異常」だと指摘。

こうした状況が生まれた背景には、
「日本政府や政権獲得を目指す勢力などによる矛盾した領土問題への対応と、
歴史に対する意識の欠如がある」ということで
日本を批判しているようですね。

また日本政府が尖閣国有化に踏み切った時期が、
満州事変のきっかけとなった、
柳条湖事件の発生日(今月18日)の直前となったことについても、
「日本の歴史に対する無神経」と批判の声はやまないようです。


次に尖閣諸島の国有化に関して、海外の反応(ベトナム)は、
尖閣諸島をめぐる中国政府の動向を
見守っています。

ベトナムは、実は中国と東シナ海の領有権問題でもめているので
日本に対する中国の動向が気になるようですね。



次に尖閣諸島の国有化に関して、海外の反応(ロシア)は、
北方領土問題で日本とはあまりいい関係ではないですが、
今回の日本の尖閣諸島国有化の件で
中国を応援するような行為は抑制しているようですね。


さてさて領土問題が世界の中でいろいろありますが、
尖閣諸島をめぐって日本と中国の間はどのようになっていくでしょうか・・・





尖閣国有化後、19サイトにサイバー攻撃




政府、尖閣諸島国有化を正式決定 11日にも売買契約の見通し(12/09/10)








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。